May
31
2019

梅雨が来た!気になる前髪は自然な縮毛矯正でお手入れ楽ちんにしましょう♪

Category:ストレートパーマ

自由が丘街並み

 

天然パーマ41年目の美容師、林です。

 

気になるクセ第一位は【前髪】ですよね。

湿気を吸ってくるくるモサモサ。気になりますよね。

40代におすすめ大人ボブスタイル

 

 

どうして前髪のクセが一番気になるの?

 

理由としては、

サイドや後ろの髪に比べると長さが短いので、クセが出やすい。

顔周りのやわらかいクセ毛は特に湿気に弱い。

朝晩の洗面所で洗顔する時によく目に付く。

女性ならメイク直しで鏡を見るのでよく目に付く。

などなど。

朝うまく前髪がきまらないと1日憂鬱になりますよね?

 

前髪の部分的なストレートパーマがおススメな理由

 

 

アラフォー ミディアム

 

 

その名の通りなのですが、「部分的なストレートパーマ」です。

なぜ部分的を推しているのかといいますと、全体はかけたくないという方がいらっしゃいます。理由としては「伸びてきた時の地毛との質感の差に困る」という方が圧倒的に多いですね。

 

伸びて来た時の根元の「ポコッ」とした膨らみと毛先のストレートの質感の差は気になりますよね。

ただ、元々のクセを残しながら、気になる部分だけ(前髪と顔まわり)のストレートパーマだと、髪が伸びてきても自然に見えます!

 

全体のクセはまだ気にならないけど、前髪がうねってしまって気になる!

毎朝ストレートアイロンをかけるのが面倒!

そんな方は前髪だけポイントストレートパーマが断然おススメです。

ところが前髪を縮毛矯正してしまうと、ピンピンにまっすぐになって失敗してしまった方も多いはず。

僕も自分のクセがイヤで思春期の時は頻繁に前髪ストレートをしていました。

 

前髪の縮毛矯正のよくある失敗

 

 

前髪失敗のイメージ画像

トンガリ前髪になった

 

美容師さんがしっかりクセを伸ばそうとしてくれたのか、強すぎるお薬を使って毛先まで縮毛矯正するとトンガリ前髪になってしまいます。

 

僕の高校生の頃は必ずこのトンガリ前髪になっていました。今見てもかなり不自然な仕上がりでした。

内側の柔らかいクセ毛がチリチリしてしまった

 

これも前髪縮毛矯正の代表的な失敗です。髪質に対してお薬を強くして、時間も長めに置いてしまい、かつストレートアイロンを強く何度も何度も当ててしまう事で髪が激しくダメージして起こります。

 

髪が伸びた時にL字型に折れてしまった

 

絶対起きてはならない失敗ですね!縮毛矯正の1液が頭皮に付いてしまった事で起こります。自然な根元の立ち上がりまでペチャンコにつぶしてしまうのです。

 

直後はまっすぐになるし、ボリュームも減って大喜び♪と思いきや根元から生えている方向を無視してつぶれているので、伸びた時に『L字型』にカクッと折れてしまいます。どんなに根元のクセが気になっても地肌に直接1液は付けてはいけません!

 

髪質やクセの強弱に合わせてお薬を選び、生えグセの向きを見ながらポイントストレートパーマすると丸みのある自然な仕上がりになります。

 

 

 

ロングヘア-の女性の方は特に前髪だけ3カ月に1回部分ストレートパーマの方が多くいらっしゃいます。

 

気になる生え際だけ、伸びた健康毛だけ(コレが重要です◎)、施術するので3カ月ペースでもダメージレスで毎日快適に過ごせますよ!

 

カット+前髪ストレートパーマはアイロンの範囲が少なくて時間がかからないのと、

 

先に前髪だけお薬を付けて、放置時間中に後ろの髪の毛をカットできるので、全体ストレートパーマをかけるより断然時間が早いです。

 

カット+前髪ストレートパーマは1時間半の方が多いですね。

値段は、カット+3000円〜4000円くらいになります◎

男性にも前髪ストレートはピッタリ

 

 

メンズカット

 

 

クセで悩んでいる男性のお客様にも好評です。

僕が美容師になったばかりの頃はGLAYが流行っていたからなのか、

重力に負けないくらい、毛先までストレートにしているトンガリ前髪メンズが多かったですね。

今のヘアスタイルの傾向として、ふんわりツーブロックや、マッシュショートなど前髪が少し長めのヘアスタイルが多くあるので、

セットする時にゆるめに前髪ストレートかけておくと楽ちんですね。

 

もちろんストレートかけていない部分とのギャップが強いとチグハグになってしまうので、

ストレートをかける範囲や、ストレートのお薬の強さをこだわってかけましょう!

特にトンガリ前髪にならないように毛先は元々のクセを生かして1液を塗らないのがポイントです。

市販の縮毛矯正はおススメできません

 

 

×のイメージ

 

 

市販の薬剤で縮毛矯正はNG

 

 

縮毛矯正やストレートパーマには自宅やセルフで行えるものもドラッグストアに売っていますが、プロの美容師としての本音を言うと市販の薬剤をセルフで行うことは基本的にNGです。

縮毛矯正やストレートパーマは美容室の施術の中でも最も難易度が高いメニューです。

美容師でも、毛髪理論・毛髪科学を正しく理解していない場合には、求める自然なストレートヘアを作ることができません。

 

薬剤の過剰反応で取り返しのつかないダメージが残るリスクもあります。

市販の縮毛矯正は強めの設定になっています。リスクやデメリットが大きいんです。

 

当然ですが、お客様一人一人のクセに合わせてお薬の強さをカスタマイズする美容室での縮毛矯正やストレートパーマと比較して、かなり強めの薬剤でクセを伸ばそうとするために失敗しやすいです。

美容室みたいにクセの状態に合わせてお薬のパワーの塗り分けや、流す時間を逆算して塗る順番を変える事ができません。

自然な縮毛矯正にする為に毛先に1液を付けない事がほとんどですが、セルフだとどうしても毛先に1液が付いてしまいます。

その結果、不自然なほど真っ直ぐ、ピーンと髪が伸びてしまう

イメージ以上にボリュームダウンし過ぎてしまう

毛先のダメージも大きくなってしまう。

などのデメリットがたくさん。

 

また、市販の縮毛矯正剤の場合、美容院での縮毛矯正とは違って、アイロンを使わずに粘度の高い薬剤の力だけでクセを伸ばすことになります。

そのため、美容院で薬剤+アイロンで行う施術のように、キレイでツヤが出る仕上がりは難しいです。

 

業務用のお薬でもプロの技術なしではリスクが高い

 

「じゃあサロン専用のお薬を使えば大丈夫?」

やはり薬剤を上手くコントロールできず、取り返しのつかない状態になるリスクが高いですね。

最近では、本来であれば一般に出回らない業務用(サロン用)の縮毛矯正剤やストレートパーマ剤がフリマアプリやインターネットに販売されていて、一般の方でも、比較的簡単に入手できてしまいます。

ただし、仮にサロン専用の薬剤を手にすることができたとしても、縮毛矯正やストレートパーマが、最も難易度の高い施術であることに変わりはありません。

もちろん、一般の方が手軽に家でクセを伸ばそうと思っても、思うように薬剤をコントロールできず、取り返しのつかない状態になるリスクがかなり高いため、全くおすすめできないです。

 

 

どうしても気になるクセをストレートにしたい方は必ず美容師さんに相談してくださいね◎

 

 

縮毛矯正やストパー後に長持ちさせるヘアケアは?

 

 

souRiLe店内画像 シャンプー

 

 

縮毛矯正やストレートパーマをかけ終わった後に気になるのがご自宅でのホームケアです。

縮毛矯正やストレートパーマ後は、特にお風呂場でのシャンプー&トリートメント、お風呂上がりの髪の乾かし方が重要になります!

 

 

シャンプー&トリートメントが何より大事◎

縮毛矯正やストレートパーマの効果を長持ちさせるうえでは、普段のホームケアで高品質なシャンプーを使うこと。

シャンプーやトリートメント選びが非常に重要となります。

 

せっかく縮毛矯正やストレートパーマをかけても、普段のホームケアで洗浄力が強すぎる安価な市販のシャンプーを使ってしまえば、キューティクルがはがれやすくなり、ダメージの進行が大きくなってしまいます。

縮毛矯正やストレートパーマの持ちや持続期間も悪くなってしまうため、注意が必要です。

 

 

市販の風邪薬よりお医者さんに処方してもらったあなたに合ったお薬がよく効くのと同じです!

是非美容室のシャンプーを使いましょう◎

もちろん洗い流さないトリートメントも必ず付けてドライヤーしてくださいね♪

 

 

毎朝鏡を見るたびに前髪のクセが気になってしまうあなた。是非前髪ポイントストレートで快適な毎日を手に入れましょう♪

 

自由が丘がお近くの方は相談しにいらして下さいね。

スタッフ画像

月木日  10:0019:00

水金土  10:0020:30

火曜定休

tel:03-3717-1511

address:目黒区自由が丘2-9-20河津ビル2F

東急東横線自由が丘駅から徒歩4

souRiLe 林 卓