Dec
19
2018

カラーがしみるの我慢してない!?しっかり染めたい白髪染めこそ低刺激のものを選ぼう!

Category:カラー

Tag:, , , , , , , , , , , , , , ,

 

みなさんこんにちは、高瀬です。

 

今回は、カラー剤についてのお話です。

美容院でのカラーリングで頭皮がしみてしまったり、かゆみが止まらなかったり、、

という経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

頭皮も、お顔と一緒でデリケートなのです。

特に、長く続けていく白髪染めなどはできるだけ低刺激のものを選んでいただきたい!

 

そして、ストレスなくカラーリングを楽しんでいただきたい!!

 

ということで、今回は”カラーリングでしみない為の対策”

を徹底解説していきたいと思います!!

 

カラー剤でしみる原因とは??

 

まずは、なぜカラー剤がしみるのか、その原因から説明をしていきたいと思います。

 

カラー剤でしみる原因①薬剤の刺激が強い場合

実は薬剤の成分の中に含まれるアルカリ、ジアミン、過酸化水素が染みる主な原因と考えられます。

カラーが染みる原因はカラー剤の成分にありますが、カラーの施術の仕方にも染みる原因があります。

ファッションカラーや白髪染めをする際に地肌に薬剤をつけて施術することが染みる原因になります。

 

カラー剤でしみる原因②体調や染める季節による場合

上記のようなアルカリ、ジアミン、過酸化水素が刺激のある成分になりますが、

地肌が敏感な人ほど、その成分に反応してしみることがあります。

特に、元々アレルギー体質の方や

毎日のシャンプーで気づかないうちに爪を立てていたり、強く頭皮をこすりすぎていたりすると

頭皮に細かい傷ができて、その傷に薬剤をつけることによりしみてしまう、ということも。

また、空気が乾燥する秋冬なんかは特に頭皮も乾燥していますので、それもしみる原因となるのです。

 

しみるカラーを我慢して続けるとどうなるか?

まず、このカラー剤の刺激に対して、身体に合わない、ということもありうるので、毎回しみたり痒くなったりするのを我慢していると、アレルギー反応が強く出るようになり、

ひどい場合、アナフィラキシーショック、といって、呼吸困難など命に関わるほどのショック状態になりうる可能性もあります。

これは、白髪染めでも、ブリーチでも言えることで、一度アナフィラキシーなどのようにアレルギー反応が強く出てしまうと、もう二度とカラーをできなくなってしまいます。

 

しっかり染めたい白髪染めこそ低刺激がいい!

でも、伸びてくる根元は気になるし、しっかり染めたい!ですよね。

特に、白髪染めに関しては一度染め始めると、なかなかやめられない!

では、カラーを安全に、長く続けていくにはどうすればいいか?

地肌に優しい薬剤を使うことが一番です。

刺激のある成分も、その量やパワーを抑えた薬も近年は増えてきています。

もちろん、いいものは薬剤自体の価格も安くはないため、安売りサロンほどどうしても薬剤にたいしての材料費を抑えなければならず、しみたり痒くなったりする場合があるのです。

 

カラー剤でしみないための対策がある◎

 

*低刺激のカラー剤をつかう

上記のように、刺激ができるだけ少ないものを選ぶのが一番。それだけでかなりストレスが軽減されます。

それでもしみたり、不安な場合、

*地肌に負担をかけない塗り方をする

という選択肢もあります。

これは、保護クリームをぬって地肌につきにくくしたり、

マニキュアのように、そもそも地肌につかないような塗布技術で安全に染めることもできます。

 

 

まずは、我慢しないで美容師さんに相談しよう!

 

カラーでのアレルギー、少しでも安心してもらえるように、私たちは自分たちが使って納得する薬剤しかつかいません。

もし、不安な時はいつでも気軽に相談してくださいね!

自由が丘で美容室を選ぶならぜひ一度スゥリールへ!